桜と景色に大満足!リフトに乗って愛媛県松山城の本丸を目指す

みなさんはの観光は好きですか?

日本国内には多くの城があります。

正直言って以前は嗜みがなかったこともありますが、城の観光で満足したということはあまりありませんでした。

しかし今回愛媛県の松山城は現存天守の一つであり、その迫力と素晴らしい景色には私も満足することが出来ました。

※記事中の価格・システムなどは訪問時のものであり変わっている可能性があります
※確実に利用したいものは必ず公式情報をチェックしてみてください

愛媛県の伊予松山城とは?


松山城は愛媛県松山市の中心部の山の上に立ち、関ヶ原の戦いの後に加藤嘉明公が築城を開始しました。

日本では江戸時代まで多くの城が建てられましたが、第二次世界大戦などにより多くの城が失われてしまいました。

松山城はそんな中で日本で12ヶ所しか無い貴重な「現存12天守」を有する城の一つです。

またロープウェイ・リフト・桜など楽しめる要素がたくさんあるので、ファミリーや外国人でも楽しめる趣向を凝らした観光地としてオススメです。

■住所
〒790-0008 愛媛県松山市丸之内1

■公式サイト
http://www.matsuyamajo.jp/


実際に行ってみた!体験レビュー

城下には加藤嘉明公の銅像がありけり

松山城城下にはこの地を松山と命名し、松山城の築城を命じた加藤嘉明公の銅像がありました。

松山城を残したとあって愛媛県にとっては救世主のような人物ではないでしょうか。

ロープウェイ・リフト・徒歩の三択


松山城に登るには

  1. ロープウェイ
  2. リフト
  3. 徒歩

のいずれかの手段で登る必要があります。

標高は約130mなので徒歩でも行けそうではありますが、せっかくなのでリフトを利用することにしました。

普通のリフトですね。スキー場以来のリフトです。

久々だとリフトって緊張しますよね。

震える手でスマホを落とさないように慎重に写真を撮ります。

落としたら凄い迷惑をかけるやつなのでみなさんも気をつけましょう。

ちなみにロープウェイはこんな感じです。

ロープウェイの速度はリフトより速いので、ゆっくり楽しみたいならリフトのほうがオススメです。

松山市内の景色を一望

リフトで上がると市内が一望できます。桜が満開だったらさらに最高だったでしょうね。

何がどの建物かという地図もあります。

気になっていた観覧車は松山市駅の方にあるいよてつ高島屋の「大観覧車くるりん」というものらしいです。

きっと地元の中高生たちのデートのメッカなんだろうななどと思いを馳せます。

次来た時はぜひ乗りたいですね。

しかしそれにしても桜が綺麗。

筒井門・天守

こちらが松山城最大の門である筒井門です。

こちらは重要な守りの拠点であったらしく櫓門となっています。

城壁の石も見事に急勾配で積み上げられており、とても登ることはできそうにありません。

そしてこちらが松山城の天守です。

うーん、威厳がありますね。

ちなみに料金を払うと天守閣に入ることもできますが、今回は時間がなかったので泣く泣く断念しました。

この日は桜が半分くらい既に散ってしまっておりましたが、それでも城と桜が綺麗なコラボレーションをしていました。

これはもう一度満開の季節にぜひ来たいところです。


予算

ロープウェイ・リフトの料金は

  • 大人(片道):270円
  • 大人(往復):510円
  • 子供(小学生/片道):130円
  • 子供(小学生/往復):260円

となっています。

さらに松山城天守観覧券は

  • 大人:510円
  • 子供(小学生):150円

で往復券と天守観覧券が一緒になった総合券は

  • 大人:1,020円
  • 子供(小学生):410円

です。

また上にはお土産や食べ物などが売っているので買っていく場合には別途用意しましょう。

駐車場と最寄り駅

駐車場は周囲にたくさんありますが人気スポットなので満車が多いです。

あらかじめいくつかチェックしておいて走りながら見つけるのが良いでしょう。

最寄り駅は路面電車の伊予鉄道城南線の警察署前停留場です。

感想

良かった点

  • 城の迫力や美しさを体感できた
  • リフトも新鮮で楽しめた
  • 桜が綺麗だった

反省点・これをしとけばさらに良い

  • 桜が満開の季節に行きたかった
  • 時間があれば天守も入りたかった

総括「城初心者が魅力を知るには最適」

私はあまり学がある方ではないので、正直今まで城の魅力や面白さが分かりませんでした。

しかし今回、城初心者の私と友人たちでも松山城はかなり楽しめました。

もし日本国内で城の観光をしたいなら松山城はオススメできます。

その際は桜の満開の季節である3月下旬~4月上旬に行くようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。