愛媛県

愛媛名物「三津浜焼き」を提供する「お好み焼き 日の出」をレビュー

いよいよ愛媛県のグルメです!

愛媛県のグルメと言えば何でしょうか?みかん、鯛、タコ、その他海鮮…

しかし今回ご紹介するのは意外にも「お好み焼き」です。

なぜ愛媛県でお好み焼き…?この記事を見ればその理由は分かります。

※記事中の価格・システムなどは訪問時のものであり変わっている可能性があります
※確実に利用したいものは必ず公式情報をチェックしてみてください

お好み焼き 日の出とは?

お好み焼 日の出は愛媛県松山市三杉町にあるお好み焼き屋です。

お好み焼きの有名店として全国的な人気で、2018年食べログのお好み焼き百名店にも選ばれました。

そんな「お好み焼き 日の出」は県外など遠方からもたくさんお客さんが来るので混んでいることが多いです。


■住所
〒791-8065 愛媛県松山市三杉町11-8

しかし本当にはるばる愛媛県まで来てお好み焼きを食べる価値があるのか?

それを検証していきたいと思います。


実際に行ってみた!体験レビュー

午後2時過ぎだったので入れるだろうと行ってみると…

午後2時を過ぎていたのでまあ入れるだろうとたかをくくっていましたが…

「えーと、今からだと3時くらいになります」

約45分待ちということに…。

「これでも今日は早く入れる方ですよ」

それなら待つしかない!ということで先に注文予約をして時間まで外で待つことにしました。

席数はカウンターが5席程度しかないため、少人数のグループで丁度よいくらいです。

この日は雨だったこともあって早めに入れたのかもしれません。

メニューはお好み焼きと焼きそば・焼きうどん

こちらがお好み焼き 日の出のメニューです。

かなりシンプルで

  • お好み焼き:400円
  • 玉子入り:450円
  • 肉入り:500円
  • 肉玉入り:550円
  • 焼きそばorうどん:450円
  • 玉子入り:500円
  • 肉入り:550円
  • 肉玉入り:600円
  • 焼きそばorうどん 台付:500円
  • 玉子入り:550円
  • 肉入り:600円
  • 肉玉入り:650円
  • トッピング油(牛脂):50円
  • エビ入り:250円
  • イカ入り:200円
  • キャベツ大盛り:100円
  • マヨネーズ:20円

という感じになってます。

お店の方曰く、一番人気は「そば台付 肉玉油」「うどん台付 肉玉油」ということでした。

※バナナマンの日村さんのサインがありました


それぞれ「台付」に肉・玉子・牛脂が入ったものとなります。

ここで「焼きそばorうどん 台付」の台付ってなんだ?と思われたのではないでしょうか。

それを説明するにはさらに日の出のお好み焼きが三津浜焼きであることを語らなくてはなりません。

厳密には愛媛のご当地グルメで三津浜焼きと呼ぶ

松山市内で提供されるお好み焼きの多くは「三津浜焼き」と呼ばれる愛媛県のご当地グルメであり、日の出もそれを提供する店舗の一つです。

たまたま松山市にお好み焼きの美味しいお店があったというわけではなく、三津浜焼きはこの地域で数十年以上の伝統を持つ料理です。

この三津浜焼きとお好み焼きの違いは焼き方・具材・仕上げのスタイルなどにあります。

台付とは味付けしたそば・うどんが入っているもの(そば・うどんの台が付くという意味)の名称です。

三津浜焼き推進プロジェクトさんのページがこの上なく詳しく解説されてます。

目の前で焼き上げてくれるオープンキッチンスタイル

さて、私はお店の方がオススメしてくれた「そば台付 肉玉油」を注文しました。

3時前にお店に行くと予定通り入れました。

席に座ると私たちのものではない持ち帰り客のものであろう「うどん台付」が焼かれていました。

うーん、美味しそう…。

すると私たちの「そば台付 肉玉油」も焼き始めました。

はみ出る牛脂(白いカタマリ)が素敵ですね。

目の前で焼いてるのを見つめ続けていると、なんだかおあずけをくらっている犬の気持ちが分かります。

手際よく店主が美味しく焼き上げます。

焼き上げ漂うソースの良い香りが当たりの予感から確信へと変えていきます。

お好み焼きって自分で焼くと難しいので焼いてくれるとありがたいですよね。

そうこうしているうちについに完成しました!

いよいよ実食!旨すぎる!

いよいよ待ちに待った「そば台付 肉玉油」が完成しました!

サイズがなかなか大きいので、自分で目の前の鉄板で切ってお皿に分けて食べるスタイルになります。

いそいそと切って口に運びます…。

う、うまい!お好み焼きをこんなに美味しいと思うことがあったのか!

甘口のソースに牛脂のコクがよく合い味に厚みが増します。

そばもモチモチとしていますが、鉄板に面しているところはカリッとしていておこげのような良さがあります。

具材のお肉、ピンク色の竹輪もゴロゴロと入っています。

友人たちと食べに来たのですが、全員無言でひたすら切っては口に運ぶ作業に夢中になっています。

お好み焼きにこんな世界があったなんて…という思いだけが頭の中で繰り返されます。

素直になれ…牛脂も食べたいんだろ?

いよいよ残されたお好み焼きはわずかとなりました。

(ちょっともう牛脂は食べきれないかな…)

そう考えていると自分の中のもうひとりが問いかけてきます。

(素直になれよ…オイリーで甘い牛脂がモグモグしたいんだろ?

旅行中はチートデイだから…そう自分に言い聞かせながら私は牛脂を頬張りました。

このお好み焼きは素直に旨すぎた。

食べている間にも地元の方々らしき人々が持ち帰り注文を受け取りに来てました。

観光客のみならず地元の人にも愛されるお店であることが伺えました。


予算

予算は一人1,000円あれば十分です。

安いメニューならワンコイン500円でも食べられますが、初めて行くなら「台付 肉玉油」を注文しましょう。

駐車場と最寄り駅

残念ながらお店に駐車場はありません。

最寄り駅は伊予鉄道高浜線の三津駅で徒歩数分です。

感想

良かった点

  • 今までで一番美味しいお好み焼きを体験できた
  • 初めて三津浜焼きを食べられた
  • 愛媛県の新しい名産品を知ることができた

反省点・これをしとけばさらに良い

今回は運良く早めに入れましたが、次回来店時は早めの予約が必須だと感じました

総括「愛媛県のグルメの選択でオススメ」

愛媛県でのグルメの選択は意外に難しいかもしれません。

海鮮は美味しいですが高知など他県にもあります。みかんやじゃこ天は主食ではありません。

それに対して三津浜焼きは愛媛ならでの名産品グルメであり、満足度も高いものと思われます。

私も次回愛媛県に行った際にはもう一度この「お好み焼き 日の出」に訪れたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。