東京都(23区外)

サクッ!ジュワッ!モニュッ!「牛かつ もと村グランデュオ立川店」

最近は肉ブームということで肉バルなんかが流行っていますが、私のマイブームは牛かつです。

牛かつはあのレア肉が中毒性につながっているんじゃないかと推測してます。

そして今回は「牛かつ もと村」が新しく立川に開店したので張り切って牛かつを食べてきました。

牛かつもと村とは?

牛かつもと村は京都勝牛に次ぐ牛かつチェーン店です。

牛かつを日本の食文化にという想いのもと、現在は全国に約30店舗ほど展開しています。

同店の特徴は基本的に牛かつが一種類というシンプルなメニューであとは肉の量、とろろ、明太子のセットを選ぶのみとなっています。

そして2019年4月には立川店がオープンしました。



実際に行ってみた!体験レビュー

場所は立川グランデュオ


牛かつ もと村は駅直結の百貨店・グランデュオ立川の7Fレストランフロアにあります。

■住所
東京都立川市柴崎町3-2-1 グランデュオ立川 7F

■公式サイト
https://www.gyukatsu-motomura.com/

外に出ずに食べに行けるのは雨の日でも濡れないので便利でいいですね。

牛かつ自体は浅草まで食べに行ったりもしましたが、もと村の牛かつは食べたことがありませんでした。

久々の牛かつに胸を高まりながら入店します。

先払いシステム

入店すると珍しいことに入口でメニューを決めての先払いシステムでした。全店共通でこうなんでしょうか?

後半脂でキツくなる不安があったので「牛かつ130g+麦飯+とろろセット=1,400円」にしました。

お金を支払うと席まで案内してくれます。店内はテーブル席が数席とカウンターが6~8席ほどありました。私を含めてお一人様での来店が意外に多かったです。

店員さんは若い方が多い印象でフレッシュですね。老舗のピリッとした雰囲気も好きですが、個人的にはこういった明るい雰囲気のほうが好きかもしれません。

メニュー

引用元:【JR立川駅直結】ランチにおすすめ!グランデュオ7階に『牛かつ もと村』がOPEN!実食リポートをお届け!!
https://www.gyukatsu-motomura.com/573

うっかりメニューを撮り忘れてしまったので公式サイトより引用させて頂きます(再度行って撮ったら差し替えます)

メニューは

  1. 牛かつ(130g)+麦飯セット:1,300円
  2. 牛かつ(130g)+麦飯+とろろセット:1,400円
  3. 牛かつ(130g)+麦飯+とろろ+明太子セット:1500円

となっており、それぞれ牛かつ130gを追加すると+800円です。

個人的には牛かつと言えば「とろろ」というイメージなのでこれは欠かせません。

焼き台を眺めてしばし待つ

牛かつもと村では各席に焼き台が用意されています。

牛かつ屋ではお肉の側面を自分で焼いて食べるというスタイルが割と多いのです。

待ってる間に

  • ソースの割合はどうするか?
  • いつとろろを投入するべきか?
  • 肉から行くか、野菜いから行くか?

などどう食べるかシミュレーションを行います。

卓上にはドレッシング、醤油、そして岩塩が置かれています。

お茶も備え付けのポットがあったのが嬉しいですね。

牛かつ登場!3つの食べ方で楽しむ

待ちに待った牛かつがやってきました。

あまり中に火を通さないためか回転は早いのかもしれません。

しかしこの衣の輝き…もう見るからに美味しそうですね、牛肉のカツが美味しくないわけがないんですよ。

写真だと普通のカツくらいに見えますが、一つ一つはひと口サイズのカツです。

続いてちょっと中を覗いてみます。

このピンク色の肉が美しいですね。もはや芸術と言っていいでしょう。

それでは早速焼いていきましょう。

牛かつの食べ方は簡単です。まずは牛かつを焼き台に乗っけて側面を炙ります。

お好みの焼き加減まで焼いたらお肉を引き上げましょう。

続いて食べ方は3つあります。

まず一つ目は卓上の岩塩をゴリゴリと牛かつに振りかける食べ方です。「焼鳥ではタレより塩のほうが素材そのものの味が…」とかなんとか言いますがまあそんな感じです。最初に岩塩で食べてみると…うまい!レアで肉々しい味が強調されますね。

そして二つ目はセットで付いてきたワサビ醤油です。早速つけて食べると…醤油で肉と脂が引き締まった感じとなり爽やかに食べられます!

最後に三つ目は同じくセットの山わさびソースです。山わさびということはおそらく「西洋わさび」であり、国産であれば北海道で栽培されているものじゃないかと思います。こちらを付けて食べると…辛味は控えめでどちらかというとまろやかーな印象です。

塩や醤油の切れ味に疲れたときには山わさびが良さそうです。

岩塩!ワサビ醤油!ワサビ醤油!山わさび!岩塩!といったコンボで食べつつ麦飯を喰らいます。

しかしこの牛かつというのは本当に魔性の食べ物ですね。

衣はサクッ!
噛めば肉の旨味がジュワッ!
食感はモニュッ!

と幸せが止まりません。

とろける霜降り肉もそれはそれで美味しいですが、やはり赤身の割合の多いお肉は喰らってる感があっていいですね。

さらに嬉しいことに麦飯はお代わりが一杯無料です。小・中・大で指定してお代わりできますがカロリーを考えて小盛りにしておきました。

260gいけたかな…という思いを抱きつつお店を後にしました。



予算

予算は最低1,300円でいけますが、とろろも付けるなら1,400円です。

お腹いっぱい牛かつ260gなら2,100円からです。

安い!…とは言い難いですがたまの美味しいランチといった感じなら良いのではないでしょうか。

駐車場と最寄り駅

立川駅にはコインパーキングがたくさんあります。検索しても走りながらでも見つけられるでしょう。

最寄り駅はJR各線の立川駅、多摩モノレールの立川北駅です。


場所が駅直結ビルなので徒歩ですぐ行けます。

麦飯とろろは飲み物です

麦飯とろろを食べながら思ったんですが麦飯とろろって飲み物なんじゃないかなと。

麦飯の素朴な味わいにとろろの爽やかな風味が合わさって箸が止まりません

旨すぎて段々とご飯を飲みたくなってくるんですが、健康には悪すぎるのでくれぐれも注意しましょう。

また他の牛かつ屋さんにも行ってレビューをお届けしたいと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。